アーカイブ

2013年11月

喜多方ラーメンバーガー

カテゴリ:
「食堂なまえ」を後にし、向かった先は

087.jpg

道の駅「喜多の郷」
喜多方の中心部からはかなりの距離があります(°°;)"((;°°)

101.jpg

売店、食堂、観光案内所、温泉などが敷地内にあるようですが
食堂のメニューに視線が釘付け!!ここでしか食べられないオリジナルメニューが多数

091.jpg

これも気になるけど、既にラーメンを一杯食べた後だし…

092.jpg

でも、二人で分けて食べれば1つくらい行けそう~

093.jpg

レジ脇に貼ってあった大島(森三中)の写真で、決めた!!( ̄∇ ̄;)

喜多方ラーメン

カテゴリ:
ちょっとお出かけしてみました(^-^)/

078.jpg

本場に足を踏み入れず共、もう何度もチェーン店などで食べてはいますが
喜多方ラーメンを食べに喜多方へ~(*゚▽゚*)

オヤジはその昔、元祖で老舗の「源来軒」で何回も食べたことがあるらしいのですが、最近は全く行ってない。
タブレットで調べて、やはり老舗の「坂内食堂」に行ってみましたが、残念ながらお休み!!(>_<)
さて、どうしよう~となりましたが、気を取り直して、食べログのランキングが高い「食堂なまえ」へ向かいました。

カーナビがなかったら、絶対に辿り着けなかっただろう狭い路地裏にそのお店はありました。
お店もこじんまりしてるけど、駐車場も狭い(^_^;)

079.jpg

先客の後に続いて入ってみると、小さなテーブルが3卓だけ、相席の方もいるようで満席。
外で待っていたら、しばらくしてからお二階へと案内されました。

狭い階段を上ると小さな畳の間が

084.jpg

テーブルの上のメニューには、普通の喜多方ラーメンとチャーシューメン
手打ちの極太麺のラーメンとチャーシューメンのみ
(一階には他のメニューも書いてある的なことが書き添えてありました。)

喜多方ラーメンというのは、そもそも関東地方の細麺からしたらかなり太いのに
極太ってどんだけ太いんだろうと興味が沸いたので、二人共極太麺のチャーシューメンを注文しました。

081.jpg

見た目は、昔ながらの素朴な醤油ラーメン。
麺はご覧の通り、太うどん並の太さ!!(●´艸`)

082.jpg

どんなもんじゃいと食べてみたら、これがもっちりしていてなかなか美味しい!!
普通のラーメンのツルツル感はなく新食感。しっかり噛んで食べましょう~(^O^)
チャーシューは厚めで食べ応えあり、自家製?のシナチクも優しいお味。
スープもあっさりで超好み、全部飲み干してしまいそうでしたがあえて残しましたm(_ _)m
極太麺のせいか、量的には少なめに感じました。

続きは、また明日!

ブル初出動!

カテゴリ:
ブル(除雪車)の音で目が覚めましたΣ(‥ノ)ノ!!

そんなに降ったのか!?と慌てて2階の窓を開けてみたら
ブルはさ~っとバックで戻って行くところでした。

雪は今のところ大したことがなさそうですε-(^、^; ほっ



キャンプ場の営業が終り、最近はねぼすけに成り下がりましたが
6時過ぎると明るくなるんですね(^_^;)

窓の外にはこんな景色が広がっていました

002_20131113060629a7e.jpg

今、雪払いから戻って来たオヤジによると15~20cmくらい降ったそうです。


001雪ブルー

奥会津の温泉巡りその1

カテゴリ:
雪が降りそうなので(°°;)"((;°°)
隣町まで、注文していたニュータイヤに履き替えに行きました。

前日に予約して行ったのですが、駆け込みの方が多く
だいぶ時間がかかりそう~ということで、代車を借りて近場で時間潰し!

古町の大イチョウ

伊南小学校の校庭にドーンとそびえる「古町の大イチョウ」
霜が降りると一気に落葉してしまいますが、まだ伊南辺りは降りていないらしく
ちょうど見頃でラッキーでした(^-^)/

古町温泉

それから、本当は帰りに寄ろうと思っていたのですが
9時半から営業している古町温泉「赤岩荘」に行きました。
駐車場には他県ナンバーの車を含め数台が停まっていました。

古町温泉

休憩所で休んでいる方がいましたが、女湯にはだ~れもいない。
赤錆色のしょっぱい温泉でかなり熱い!(^_^;)
ほぼ半身浴、足湯でのんびり貸切風呂を楽しませてもらいました。


上がって着替えてから、脱衣所を出たところにある露天風呂への扉の向こうが気になって行ってみたら
あら、なんだ露天もあったのね~と気がつきました!
オヤジが待っているかと休憩所に行ってみたけどいない。
そこへスタッフの女性が来たので、露天風呂に気が付かなかったと言ったら
女性風呂(内湯)から露天に行けたというではないですか!!

確かに戸がありましたが、何にも書いていないので開かずの扉かと思っていました。
スタッフの方が「私は露天の方が好き!」「もしよかったら、もう一度どうぞ!」なんて言うので
今後行く機会があるかどうか分からないので、後から上がって来たオヤジに断り
もう一回入らせていただくことに(∩.∩)

023.jpg

このページのトップヘ

見出し画像
×